熊川哲也さんを観る (バレエ舞台鑑賞)

日常
スポンサーリンク

趣味はなんですか? って聞かれると
いつも困っていました。

そこそこ好きなことは沢山あるけど
趣味って言えるほどのめり込んでないし
だいだい大好きってこともない・・・

趣味がある人っていいな~ っていつも思っていました。

でも・・・
そんな私にもやっと出会いが巡ってきまし
熊川哲也 K-バレエカンパニー

熊川哲也

私は熊川哲也さんが英国から帰国された頃からのファンです。

でも、ただ好きなだけでした。
最近、熊川さんの舞台を観に行くようになりました。

最初はバレエの見方が分からなくて、観客が拍手するタイミングが全然読めなくて
戸惑いましたが、もう大丈夫です

バレエのすごいところは、セリフがまったくないってこと。
全然しゃべらないのに、どんなことを話しているのか
何を思っているのかと言ったことが分かっちゃうってこと。

すごいですね~ 表現力って。

先日観た本物の「白鳥の湖」。
あまりの美しさに絶句です。

「白鳥の湖」と言えば、有名なチャイコフスキーの名曲とともに
チュチュをつけて手をパタパタさせたパロディをTVなどで見かけますけど
あまりの違いを知ってちょっとショックでした

Kカンパニーの舞台
草刈民代さんの白鳥の羽の動き

芸術の「白鳥」は、本当にため息ものです。
それを知ることができて、ほんとによかった。

熊川さんは「みんなに魔法をかける」っていい方をされます。
ほんとうに、魔法のような夢のような時間

たまには、舞台の後に握手会も開いてくださって、ファンサービスもバッチリです

私も一度握手をしていただきました

次の舞台、今度はいつ行けるかな~
その日をわくわくしながら待ちわびています。
また、熊川さんと握手できるといいな~