HOME

どこへ行ったらいいかわからない
「体の痛み」
どうしてますか?

 

このサイトに来てくださって、
ありがとうございます。

テープケアコーチの
走尾千恵美(はしおちえみ)です。

2001年にパートナーが開業した
大宮駅西口のスポーツ整体
(ボディチューニングラボ・ケーセブン)
働いています。

わたしの仕事は
最先端のアスリートケア技術をパターン化し
一般向けのセルフケアに応用した
「50㎝テープケア」をお伝えすることです。

独自の調査によれば

40代女性の10人中9人が、
ずっと治らない「痛み」
に悩んでいます。

ですが、9人中8人
治療も、メンテナンスも、していません。

理由は「体の痛みは年のせい」という、
便利な言葉で棚上げされて
打つ手もないまま過ごすしかないのが
当たり前だと思われていたからです。

けれど、
そんな悲しい時代は、もう終わりました。

打つ手のなかった「体の痛み」が
「どうして起こるか?」がわかったし
「どうすれば楽になるか?」もわかったからです。

痛みのわけは「動きの狂い」

ケガをしたわけでもないのに
体が痛いという方は
体の動きが狂っています。

力がちゃんと入らずに
思った通りに動けていません。

重心が前後左右にズレてしまい
歪みや左右差ができてきます。

そこから、一番負担のかかる場所に
だんだん「痛み」が起こるのです。

「動きの狂い」は動きのクセです。
動きのクセは、何気ない仕草の中に
見え隠れします。

  • 歩く姿
  • 座った姿
  • 足踏みの姿
  • 走っているときの姿
  • 落ちたものを拾う時の姿
  • ヒールを履いたときの姿
  • 階段を降りるときの姿
  • 電車に座っているときの姿

などなど。

それぞれの「動きの姿勢」には
「動きの狂い」が潜んでいて
「動きの狂い」を読み取れれば
「体の痛み」の原因も
自然と見えてくるものです。

それがわかればケアは簡単♪

「動きの狂い」を整えるだけでいいのです。

動きの狂いの整え方

動きの狂いが整えられれば
歪みや左右差がなくなって
「痛み」が起こる理由もなくなり
自然と「痛み」は消えていきます。

【ヒールを履いて、綺麗に歩ける♪】

【自然と綺麗な姿勢になれる♪】

【笑顔と元気があふれ出す♪】

誰が見ても憧れる
ごきげんボディが手に入ります。

 

しかも!
一度覚えると一生モノで
他の人にも貼ってあげられる

ほんとに便利なスキルなのです。

自分の体のケアだけでなく
家族、友達、ご近所さん
大切な人もみんないっしょに
ケアしてあげられちゃうなんて
素敵だなって思いませんか?

やり方はとっても簡単!

症状に合わせて
決まった場所に、自分でテープを貼るだけです。

とりわけ女性におすすめしたい!

ヒトの体の仕組みとしては
男性よりも女性の方が
体のつくりがデリケートです。

とりわけ「更年期」と呼ばれる
50歳前後の10年間は
女性の体にとって
体の痛みや不調など
気になりだす年頃です。

ですが、
仕事で代わりがいないとか
家族の世話に追われたりと
待ったなし忙しさで
自分の体のことは、ついつい後回しに
しちゃいがち。

私にとっても、人ごとではありません。

実際、わたしも24才の時に、
頚椎ヘルニアで寝たきりとなってから、
さまざまな、体の「痛みや辛さ」を抱えています。

それを「テープケア」でお手入れしながら
元気を保ってきました。

テープを貼れば、楽に動ける♪

体が自然と楽になれば
無意識レベルで心が晴れて
自然と笑顔があふれだす♪

自分がず~っと試してきて
すごく助かったやり方だから
みんなにもどんどんシェアしたい♪

というのが正直な気持ちです。

セルフケアだからいい♪

もちろん
自分でできることは限られています。

「プロのメンテナンス効果と同じ」
という訳にはいきません。

それでも、
「50㎝テープケア」は
お試しいただいた方の7割に
「効果があった」
という
立証データがあります。

理想の形は

こまめなセルフケア
    ×
定期的なプロのメンテナンス

そう、歯のメンテナンスといっしょです。

自分でできることには限りがあり
プロにしかできない技があります。

まずは、セルフケアから始めましょう♪

みんなの体験談

「テープケア」をお試しいただいた方から
こんな嬉しいコメントを頂戴しています。

  • がんばらなくていいのがいい
  • 貼ってるだけなのにすごく楽
  • 痛くないってこんなに楽だったって知らなかった
  • 1カ月で痛み止めを飲まなくなった
  • 気がついたら、尿漏れが止まった
  • 体が重いのは太ったからじゃなかったんですねっ

こんなふうに喜んでいただけて
わたしもとっても嬉しいです。

「テープケア」は、
テープを貼るだけの簡単な方法なのですが
実は、「貼り方と貼る場所」にコツが要ります。

しっかり結果を出したい方には
講座を開いて、手取り足取り丁寧に
お伝えしています。
 

テープケア講座では、
およそ20種類のテーピングを組み合わせて
カラダ全部のケアできるように仕上げました。

あなたが気づかないケアの場所や
あなたが気づかない「動きのクセ」も
ちゃんと見つけてお伝えするので
見よう見まねでケアするのより
一層効果的なケアができます。

 

【腰痛ケアの一部】

【外反母趾ケアの一部】

 

がんばる女性をサポートします!

まずは、
いつもがんばっている
「あなた」を
「元気にする」ことが
何よりも、何よりも、大事です。

誰にも言えずに悩んでいるなら
ぜひ一度いらしてください。

 

あなたに合った「テープケア」をお伝えします。

「テープケア」を味方につけて
元気でごきげんな毎日を
楽しんでくださいね^^

個別相談&体験会

『テープケアに興味はあるけれど
いきなり講座は受けにくい』

という方のために

  • ゆっくりお話を伺える 個別相談
  • どんなケアかちょっと試せる体験会

を開いています。

ぜひ、ご利用くださいませ。

◆ 個別相談  詳細はこちらへどうぞ。

◆ 体験会 詳細はこちらへどうぞ。

お会いできることを楽しみにしております。

テープケアコーチ物語

走尾千恵美(はしおちえみ)
テープケアコーチ

1967年 群馬県生まれ。
女子栄養短期大学卒。

幼いころから持病があり、病気やケガで痛くて辛い思いをするのが大嫌いだった。「なぜ病気になるのか?どうすれば治るのか?」いつも答えを探していた。

不治のやまいを治す薬に憧れて上場企業に入社。新薬開発の研究所で「薬では病気やケガは治せない」ことを知り、ショックを受ける。更に24才で頚椎ヘルニアになり寝たきりを経験。手術もできず薬も効かない「痛みと辛さ」に見舞われる。このとき身を持って「医師にも治せない症状がある。そのときは自分でなんとかするしかない。」という辛い現実を知る。

治るあてのない「痛みと辛さ」から私を救ってくれたのは、アスリートケアの治療家を目指していた私のパートナーだった。

簡単な皮膚刺激で動きを整える、独自の「テープケア」で、私の痛みもどんどん楽になっていった。

あまりの効果に魅せられ「テープケア」を学ぶためにパートナーに師事。学びの中で「テープケア」を定期的に続けることで「電気と湿布で治らない痛み」や「施術を受けた時はいいけれどすぐに戻ってしまう背中の痛み」が自然と消えて、再発も予防できることに気づく。

当ラボ治療家のオリジナル技でもある「テープケア」で特許を取れば、多くの方にアピールしやすいと考えたが、特許庁より「優れた医療行為は誰でも利用できるよう、特許は取れないことになっている。」との回答を得た。ならばいっそのこと、「テープケア」を医療行為でなく、誰でも利用できるよう「セルフケア」として発信しようと思い立つ。専門家による「テープケア」には劣るものの、「セルフケア」だけでも十分役に立つ。将来の寝たきりリスクが減らせることは検証済みだった。歯の健康と同じく国民運動になるくらい当たり前になれば、高齢化問題への具体的なアプローチの一つにもなる。

国を動かすにはエビデンス(科学的根拠)が要る。そこで「テープケア」の一部を応用し、ふつうのお母さんが「すり傷に絆創膏を貼る」ような手軽さで、体の痛みをお手入れできる「50cmテープケア」を考案。

地域で普及活動を行い「自分でテープを貼ってるだけで7割の人が楽になった」という立証データを取得。

テープケアの効果と活動が認められ、近畿経済産業局が支援する、エビデンスに基づいた安心安全な健康科学ビジネスの創出を目指すイベント『第3回健康科学ビジネスベストセレクションズ』で入賞。科学者や医学博士などから、テープケアの効果についてお墨付きを頂いた。

貼ってるだけカラダ全部がケアできる「50cmテープケア」が当たり前の日常が、「年をとっても痛くない」アクティブシニアでいっぱいの未来社会を創ると信じて、元気を取り戻したテープケア仲間とともに普及活動を展開中。

実績

■ テープケアで「対象者の7割に効果あり」という立証データ取得。「安心・安全・効果的なセルフケア」として、科学者や医学博士から評価を受ける。

第3回健康ビジネスベストセレクションズ   研究開発・取り組み部門 入賞】

 

■ 「テーピングによるセルフケア事業計画」でエントリーした「さいたま市を元気にする新規事業公募」のイベントにてファイナリストとなる。

【さいたま市ニュービジネス大賞2017】