Home

お母さんの
「悩み・不安」がスッキリする♪

こんにちは
このサイトに来てくださって、ありがとうございます。

「お母さん」には、自分のこと、家族のこと、
毎日「悩み・不安」がつきものです。

 

このサイトは、
誰にも相談できず
一人で悩んでいる「お母さん」の
心と身体が少しでも楽になればと、
立ち上げた家庭科塾です。

「母さん力」に磨きをかける

ヒトはみな「お母さん」から生まれ、集団をつくって生活をします。

「お母さん」は「生み育てる力」を持ったヒトです。

昭和の時代までの「お母さん」は

自分で子どもを産む

結婚をして家族の世話をする

というスタイルが主流でした。

ですが、今は違います。

様々なスタイルの「お母さん」が在り、様々なスタイルの「集団」が在ります。

自分で産まなくてもいい

子どもがいなくてもいい

結婚しなくてもいい

ですが、どんな時代にも、「ヒトや集団を生み育てる役目を持ったヒト=お母さん」は必要です。

「お母さん」になるには何の資格も要りません。

なりたいと思った人がいつでも誰でもどこででも、なれるのです。そしてお母さんになるための能力「ヒトや集団を生み育てる力」も、みんな持って生まれてきています。

ただ、上手に使えるヒトとそうでないヒトがいるだけのこと。私は、この「ヒトや集団を生み育てる力」を「母さん力」と呼んでいます。

今は都合のいい大人がつくった情報社会。とりわけ「体調のすぐれない人」が多い社会です。

なにが身体にいいのか?悪いのか?

みんながやってる

みんなが食べてる

そんな、「他人まかせの決断」では、元気に過ごせなくなってきました。

食べ物にしても、生活スタイルにしても、選択肢と情報がありすぎるのです。

ジャンクな情報

ジャンクな食べ物

ずるい大人が仕掛けるたくさんのトラップから
自分や大切な人を守るためには
「何をどうするか自分で決める」ことが大切です。

そのために欠かせないのは「判断基準」を持つことです。

判断基準がないと、決断できません。

判断基準がブレても、決断できません。

あふれる健康情報に惑わされず
「ブレない判断基準を持つ母になる」こと。

そのために必要な「母さん力」を磨き、次世代に伝えること。

これからの社会には
それがなにより大事なことです。

・自分と向き合う

・仲間を想う

といった、特別な時間を持ったり、手間暇をかけて育てるしくみを、お伝えしながら家庭や居場所づくりのサポートをいたします。

暮らしに欠かせないのは体調管理

家庭のあり方が多様化し

家庭=結婚=自分で出産

という常識モデルが崩壊した今
人として健全に生きるための足場(拠点)も
家庭以外の場所に移りつつあります。

コンビニエンス社会の現代。

便利なものが溢れているから
何も考えなくても生きられます。

だけど

いざという時に
ヒトとして生きるために必要な
ほんの少しの材料と居場所

を 知らない人が多すぎます。

その結果

  • 疲れが取れない
  • あちこち痛い
  • 病院で治らない

など、具合の悪い人がどんどん増えています。

病院に行く前に
自分でできることはたくさんあるのです。

家庭を守るお母さんに
そのことを知ってほしい。

なぜならそれが、
「ヒトを生み育てる」ために欠かせない大事な力「母さん力」だからです。

元気に過ごす方法をずっと探してきました

私は 5才の時に
肝油ドロップを一缶食べて
体調不調になってから
・なぜ病気になるのか?
・どうすれば治るのか?

ずっと観察・検証し続けてきました。

知りたい情報は
必ず「現場」に入り
「自分で」確かめてきました。

・管理栄養士として
・薬の研究者として
・持病を持つ患者として
・アレルギーっ子の母として
・治療院で働くセラピストとして

5つの専門分野の経験値から
それぞれの手法や考え方には
「メリットとデメリット」があることに
気づきました。

その中から
・食べ物と身体と病気との関係
・心の底からの笑顔で心穏やかに暮らす方法
を 日常でシンプルに活用できるよう
まとめたのが

日常の痛み・不調を整える
身体まるごとセルフケア

です。

  • 身体の痛みのケアの方法
  • 病気の予防法
  • 自分の体質に合った栄養のとり方 などなど

家族が健康で元気に活躍できるよう
暮らしを整える
シンプルな「家庭科と保健科」の
知恵とスキルをお伝えします。

また、自然の草花や食品の持つ
素朴な美味しさや
儚い美しさなどを体感できる
手づくり・手仕事を通して
母性を育くむ場を作りたいと思っています。

以下に「講座の一例」をご紹介します。

テーピングベジセラピー

足腰の痛みをテーピングで
体調不良を野菜中心のバランス食で
身体まるごと整える
シンプルな方法をお伝えします。

※講座はただ今準備中です。

*故障しない身体をつくる 自分で簡単テーピング講座

トップアスリートのメンテナンス技の一部を
「ふつうの人」でも簡単に貼れるように
応用した「セルフケアテーピング」です。

受講生に行ったアンケートでは
67%もの方が「生活が楽になった」と
回答されました。

子どものケアためにと受講したつもりが…

「実は私が一番使ってる~」というママ続出の、人気講座です♪

*アレルギーっ子のお弁当 献立
「卵・乳製品・小麦除去の一例」

息子たちが、アトピー、アナフィラキシー、喘息など
アレルギーで、体調管理が大変でした。
「食の専門家」としての経験を活かした
アレルギー対応食のサポートを行っています。

わくわく手づくり講座

シンプルな材料と道具で
手づくりと手仕事の楽しさを
体験する講座です。

*自然のホントの味を伝える
 ジャムづくり講座

自然の儚い美しさと美味しさを
子どもたちに伝えたくて始めた活動です。

おなじ製法で作った「すももジャム」は
商品化され2016年より季節限定販売をしています。

 

*はじめての手編み講座

お母さんになって
「編み物をしてみたいな~」と思ったけど
誰に習ったらいいか分からない
というママ向けです。

和室で開催しますので
赤ちゃん連れで 通っていただけます。

 

お母さんの手仕事が家族やご近所さんの元気を守る

そんなあったかい
自助・互助の日本文化を
100年先の子どもたちまで伝えたいです。

どうぞ、お気軽にお立ちよりください。

プロフィール

走尾千恵美(はしお ちえみ)

管理栄養士/テーピングコーチ
家庭科/保健体育 教諭

【プロフィール】

大宮区でアスリート向けの治療院を、夫婦で経営。

幼少期、祖母や母と自分の体形との差に気がついたことをきっかけに「年とともに変わる女性の身体の仕組み」に興味を抱く。

その後、不治の病を治す薬に憧れて研究開発の道にすすむも、逆に自らが頚椎ヘルニアを患い、寝たきりを経験。

リハビリと、治療家である夫が開発したメンテナンス法でなんとか社会復帰をしたが、これが、自らを含めた「女性の健康」について見直すきっかけとなる。

また治療過程で、かつての関心の的=「女性ならではの体形変化の仕組み」と、足腰を含む骨盤まわりのメンテナンスの重要性を知り、夫の元でテーピング技術を取得。

手遅れになる前に自分でケアのできる人が増えれば、膨らみ続ける医療費と超高齢化社会問題の切り札になると一念発起。

夫が開発したメンテナンス法の一部を、だれでも使えるセルフケアに応用した『貼るだけ骨盤テーピング』を考案。

セルフケアでありながら「症状の70%が軽減できる」驚異的な立証データを取得。

産学官医で構成された健康科学分野トップレベルの機構より評価を受けた異例のセルフケアを伝承中

  • 2017年 第3回健康科学ビジネスベストセレクションズ 入賞
  • 2017さいたま市ニュービジネス大賞 ファイナリスト

プロフィール詳細はこちらから