つくろいもの2 (パーカーに開いた穴の修繕)

小5の息子が、パーカーのジッパー脇に
大きな穴を開けてきました。
ひっかけて切れてしまった、鍵裂きではなく
しっかりと丸い穴が開いているのです。がく〜(落胆した顔)

パーカー修繕1

mam 「この穴、どうしたの?どうやるとこんなの開いちゃうの?」
息子「わかんな~い・・・ いつやったかもわかんな~いあせあせ(飛び散る汗)
わかんないって・・・
これ、どうすんの?たらーっ(汗)
まだ捨てるのはもったいないし・・・
でも、アップリケって歳でもないし・・・
う~んと え~っとふらふら
補修用にとってある古着をあさりながら
なにか使えるかな~
あれこれあれこれ考えて・・・
ひらめき
こんな感じに仕上げました。

パーカー修繕2

あて布は、3歳の息子の水色のパンツから切出しました。
周りのステッチは、ブルーのミシン糸で普通のぐし縫い。
刺繍は、ブルーのミシン糸で小5の息子が得意な「棒人間」のモチーフ。
全部半返し縫いです。
けっこうなできばえで、満足・満足手(チョキ)
出来上がるまで20分ほどの楽しいひとときでした。わーい(嬉しい顔)

手芸
スポンサーリンク
Hashio Chiemiをフォローする
「母さん力」に磨きをかける 家庭科おふくろ塾