鍋でご飯を炊く方法2

むか~しむかし
どこの家庭でも
ご飯をお釜で炊いていた頃のお話です。
「はじめチョロチョロ中パッパ赤子泣いても蓋とるな」
ご飯を美味しく炊くコツがことわざとなり
それぞれの家庭で受け継がれていました。
遠い昔、my母がお釜でご飯を炊いていたときは
たしか、こんな手順だったと思います。
・お釜に入れたお米をよく研いで、目分量で水を入れる。
・かまどに火をくべてお釜をのせたら
 釜底全体に炎があたるくらいに火力を調節する。
・そのうち中の水が沸騰してぶくぶくしてきて
 蓋の隙間から湯気を立てて吹きこぼれる。
・ここで絶対に蓋を開けてはいけない。
・中の水分がすべて吹きこぼれたら、かまどから火を出し
 余熱で十分に蒸らす。
まさに、「はじめチョロチョロ中パッパ・・・」のことわざ通り。
こんな伝え方もおふくろさんの智慧なのでしょうね。
日本文化ってすごいな~。
ってなわけで、鍋になってもコツは一緒。
水加減、火加減、蒸らしが大切です。
さすがにmy母のように目分量ではできないので
しっかり計りながら作ってみましょう。
<材料>
お鍋 ・・・ ステンレス製、土鍋、鋳物など
      密閉性のよいものの方がいいと思います。
      よく蒸らせないと、お米の中心が硬いままに
      なってしまいます。(芯が残るといいます)
      
      私のは、ステンレス製の片手鍋です。
お米 ・・・ 白米 2合
水  ・・・ 普通の水 360ml
計量カップ、タイマー
<炊き方>
①計量カップでお米を2合計って鍋に入れる。
  ※ 1合 = 180ml
 
②鍋の中でお米を研ぎ、出来るだけ鍋を傾けて水を切る。
  ※私は面倒臭がりなので、お米を研いだらザルにあげる
    なんてことはしません。
    
    ちゃんとやりたいという方は、
    炊く30分前にお米を研いで
    ザルにあげてよく水を切っておくといいでしょう。
③計量カップで水を360ml入れる。(少し堅めに炊き上がる)
  ※水はお米の同量~1.2倍が目安。
    何度か試してみてご自分の好みの硬さに
    炊き上がる水分量を調節してください。
  ※浸水時間
    白米は30分くらいがベストですが
    15分くらいでも大丈夫です。
    胚芽米、発芽玄米は白米より少し硬いので
    30分くらいは欲しいかも・・・
    
    玄米の場合はお米の1.4~2倍の水に
    一晩(少なくとも3~4時間)くらいつけてから
    炊いてください。
    でも、そんなに神経質にならなくても大丈夫。
    私は寝る前に仕込んで朝に炊くことが多いです。 
⑤鍋にふたをして中火にかける。
⑥沸騰してきたらごく弱火にして10分加熱する。
  ※ 弱火にしないと吹きこぼれます。
     鍋で炊く場合は吹きこぼさないように
    火加減に注意して下さい。
  ※ 弱火加熱時間の目安は以下のとおりです。
    <白米、胚芽米、発芽米>   <玄米>
        1合 : 8分       
        2合 : 10分       3合 : 40~50分
        3合 : 12分
        4合 : 14分          (4人分)
        5合 : 16分
        2合 : 10分
        3合 : 12分
        4合 : 14分
        5合 : 16分
⑦火を止めて10分間蒸らす。
これだけです。簡単でしょ?
是非お試しくださいね。