ケガ・病気の多くは防ぐことができます。

私はね、自分や家族が病気になるのがすごくイヤです。
それから、自分や家族がケガをするのもすごくイヤです。
痛いし、不便だし、なにより辛いから・・・

小さい頃からずっと、家族が病気になるのがとてもとてもイヤでした。
見ているだけでこちらまで辛くなってきちゃうからです。

なんで病気になるんだろう?
どうすれば病気にならないでいられるんだろう?

小さい頃から、いつもいつも心の中に持っていた気持ちです。

私は若い頃、頚椎ヘルニアによる寝たきりと体調不良で血を吐きながら生活していた経験があります。dadと二人で「ケガ・病気予防」の一つのスタイルを見つけることが出来たのも、自分を元気で健康なカラダにしたいという強い思いからです。

★ 防げるものなら、ケガも病気も防ごうよ!
自分で動けないって、好きなものが食べられないって、ほんと辛いんだから・・・

って、ほんとにマジで多くの方に伝えたいって思っています。


20歳の頃、祖父が癌になりました。

「癌を治す薬があればいいのに・・・祖父の病気を治したい」
そう思って、製薬会社で新しい薬の研究開発をしていたこともありました。

でも、そこで知ったのは、「薬では病気は治せない」というショッキングな事実。

薬の役目は、症状を抑えること。
病気は、薬で症状を抑えている間に、自分の力で治すものだったのです。

製薬会社での経験、学校で勉強した栄養学、そしてdadがチャレンジしてきたケガを治す方法。
そこから得られたいろいろなこと。
私たちは、カラダが元気でいるために忘れてはならない大切な3つの事実に注目しました。

1.薬では病気は治せない。
2.カラダは食べた物から作られる。
3.ケガをする人はカラダの動きが悪くなっている。

そして、私の栄養学の視点とdadのカラダの動き研究の視点から
「ケガ・病気を予防する」一つの方法を見つけ、広める活動を始めています。

ケガ・病気予防の方法は、他にも沢山あります。
でも私たちの方法は、初めて知り&体験した方のほとんどが「え?それだけ?」という
今までにない手法が織り交ぜてあるのが特徴です。

なぜケガをするのか? なぜ病気になるのか?

まだまだ分からないことも沢山あります。

でも、ケガ・病気に繋がるであろう危険因子も沢山見つかっています。

・ほんの少し自分のカラダに気を配ることで
・ほんの少し知識を持ち、生活に取り入れることで

防げるケガや病気があるのです。

どうすれば、予防できるかな?
症状を少しでも軽くしたい。

そう思っている方のお手伝いができたらいいなと思っています。

※ ケガ・病気予防に関する情報は、主にfacebookでも発信しています。
facebookページ Body Tuning Labo K7”

身体
スポンサーリンク
Hashio Chiemiをフォローする
「母さん力」に磨きをかける 家庭科おふくろ塾