生筋子をいくらに変換の術 1

あなたは、いくらがお好きですか?るんるん
毎年10月頃になると、
魚介類に力を入れているスーパーに
生筋子が並びます。

筋子

鮭のお腹から取り出したそのままの、大きな大きなヤツがー(長音記号1)
なんてつやつやできれいなオレンジ色ぴかぴか(新しい)をしているんでしょうハートたち(複数ハート)
これが一粒ずつバラけたものを「いくら」って言いますね。
いくらは普通、醤油や塩味が付いて売られているけど、
塩辛いものが多いし、すごく高価。
それに、中にはまがい物(人工的に作ったいくら)もあるようですね。ふらふら
この時期に出回る生筋子は、正真正銘の生。
つまり、味が付いていないし加工もしていないんです。
で、これをいくらに加工して味付けすると
すごくぷりぷりで美味しいのexclamation×2
北海道で食べたいくらにも負けないくらいです。
そのくせすごく格安なんですよ手(チョキ)
なんと、普通のいくらの半値以下exclamation
そんなわけで、いくらの大好きなmamの家族は
この時期になると、生筋子から加工したいくらをガッツリ食べて、
一年分の食いだめをします。わーい(嬉しい顔)
加工法はそんなに難しくないのですが、
写真カメラを沢山添付したいので、またシリーズでお届けします。
いくら大好きな方は必見ですよひらめき
結婚前のお嬢さまへ。
この加工法を習得してからお嫁に行ったら、
あなたはきっと褒められるに違いありません!
(嫁ぎ先の方々が、いくら好きだったらの話ですけどね・・・)
ごめんなさい今日は前振りだけです。 あせあせ(飛び散る汗)
つづきはこちらをご覧くださいねわーい(嬉しい顔)

コメント

  1. アニキ より:

     へえ。「いくら」って筋子だったんだ。うまいよなあ。いくら。
     2年ほど冬の北海道へおいしいものを食べに行こう家族旅行に行って(冬だと多少は家族で過ごす時間がとれるようになるのだ)海の幸を食べてくるが、やっぱりうまいんだんなあ。
    それを格安で家で食べられるのかァ。でも「加工」と言う言葉に不安が・・・。不器用でめんどくさがりのオイラができるようなことだといいけど。

  2. ゆか より:

    うちでもいくら、作ってます~♪あ、ウチっていうのは実家です(爆)毎年、この生のいくらを何パックも買ってきて、お醤油に漬けます。ぷりっぷりで美味しいんですよね~。2回ほどドイツに持ってきたこともあります(笑)
    そしてこの袋からいくらを取り出す担当は毎年父です。すっごく上手です。今では得意げにやってます。(専用のラケットも有り)

  3. mam より:

    アニキ
    多分出来ると思うよ。
    ただし、魚の腸が気持ち悪くてさばけないとか言う体質だと、ちょっときついかも・・・
    ママと一緒にやってみたら?
    いざとなったら手伝ってもらえるしね。
    とにかく、小樽のいくらに匹敵するんだから、やってみて!!

  4. アニキ より:

     魚の内臓は、オイラは問題ないが、ママはダメだ。お魚自体嫌いだし。ほとんど食することも無い。が、我が娘はいくらが大好きだし・・・。
     まあ、ブログのアップを楽しみにしています。

  5. mam より:

    ゆかさま
    そうね、わりと男性的な仕事だよね。
    mamは網を使うといいといわれて、
    ステンレスのザルでやってみたんだけど、
    後の始末がすごく大変だったので
    自力(指だけ)でやるようになりました。
    前に、プロがやってるところ見たけど、
    目の粗いザルの上で、くるんと一回しするだけで
    いくらがぽろぽろ落ちてました。
    ゆかちゃんちの専用ラケットがそれと同じなのかな?
    あれだとちょ~簡単だよね。
    どこで売ってるのか知ってたら教えてくださいませ。
    この味さ~ 知っちゃったら、もうやめられないよね~♪
    それにね、ゆかちゃんパパじゃないけど、
    美味しいいくらがわんさか出来るのが
    すごく嬉しい&楽しくてね~
    それに、形も色もステキじゃない?
    スーパーで見つけると、買わなけりゃって思います(^^)
    ドイツだと、スーパーに並ぶのは筋子よりもキャビアかな?